ニュース
2015年07月27日 12時27分 UPDATE

Twitterがパクツイ規制に本腰? 盗用ツイートを次々と強制書き換えか

他人のツイートを盗用する“パクツイ”撲滅に向け、Twitterが問題のツイートを次々と書き換え始めたようだ。海外メディアが報じている。

[深町卓史,ITmedia]

 Twitter上でしばしば問題視されてきた“パクツイ”(他人のツイートの盗用)撲滅に向け、米Twitterがようやく動き出した可能性がある。テクノロジーメディアのThe Vergeによると、Twitterはここ最近、盗用ツイートを次々に「このツイートは著作権者の申し立てにより保留されています」と書き換えているそうだ。

photo The Vergeの記事

 記事によると、オリジナルのジョークをツイートした米国のユーザーが、他人にパクツイされていることを知ってTwitterに報告した。その後、問題の盗用ツイートが「This Tweet from @(ユーザーのアカウント名) has been withheld in response to a report from the copyright holder.」(このツイートは著作権者の申し立てにより保留されています)と書き換えられていることに他ユーザーが気付いて発覚したという。

 実際にTwitter内を検索してみると、強制的に書き換えられたとみられるツイートが多数ヒットする。

 米SocialTimesなどによると、Twitterは2012年時点ですでにこの規制方法を定めていたという。ユーザーからの不満を受け、ここ最近になってようやく本格的に運用を始めたのかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors - 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -