ニュース
2015年07月28日 17時35分 UPDATE

IoT超小型モジュール「BlueNinja」、Cerevoが発表 Bluetoothと各種センサー搭載 量産品にも対応

IoT製品開発モジュール「BlueNinja」をCerevoが発表。東芝のSoCをベースにBluetoothと各種センサーを搭載し、プロトタイプ開発だけでなく量産にも適した製品となっている。

[山崎春奈,ITmedia]

 Cerevoは7月28日、Bluetoothと各種センサーを搭載し、プロトタイプ開発から量産まで幅広く活用できるIoT(Internet of Things)製品開発モジュール「BlueNinja」を発表した。直販サイトでの価格は単体で4890円、デバッガ付きブレイクアウトボードを搭載した開発キットが9900円(いずれも税別)。

photo 腕時計にも搭載できるサイズのモジュール(奥)。手前はApple Watch

 低電力消費のワイヤレス通信技術「Bluetooth Low Energy」とARM Cortex-M4Fコアを内蔵した東芝のSoC「TZ1001」をベースに、9軸センサー(加速度、角速度、地磁気)と気圧センサー、リチウムイオン電池の充電・放電回路を搭載する。

 本体は11(幅)×37.5(奥行)×5.1(高さ)ミリと小指の先程度の小ささで、腕時計型などウェアラブルデバイスにも搭載できるサイズだ。ハードウェア開発者向けブランド「Cerevo Maker series」の第2弾製品となる。

photo SDカードとの大きさ比較
photo 走行速度や姿勢角などをスマートフォンでリアルタイムに確認できる「ミニ四駆テレメトリーシステム」は公式サイトに詳しい実例が
photo Cerevo 岩佐琢磨代表

 Cerevoの岩佐琢磨代表は、市場にあるハードウェア開発用モジュールはあくまでプロトタイプや電子工作用途であり、スタートアップが量産を目指す段階で利用できなくなることを問題に感じていたという。プロトタイプにも量産時にもシームレスに使え、昨今のトレンドに合った、より小型のモジュールとして開発したのが「BlueNinja」だ。

 「ネットをうろうろしていたら偶然出会った」(岩佐代表)という「TZ1001」が低消費電力で小型、Bluetooth 4.0と加速度センサーも内蔵――と、IoT製品やウェアラブルデバイスの開発に適したSoCとほれ込み、東芝に開発キットの開発を打診したという。

 「量産を前提にしているが価格競争にさらされやすい大企業、独創的な商品を開発しつつも量産に踏み込みにくい体制のスタートアップ――ハードウェアに関わる大企業とスタートアップの間には考え方や環境の違いがあり、どうしても壁があるように感じる。お互いを理解して市場全体を盛り上げ、ブリッジしていくために、まずはよいモジュールをスタートアップに使ってもらえるようにと思い立った」(岩佐代表)

 「BlueNinja」本体の生産はCerevoも入居するハードウェアスタートアップのシェアオフィス「DMM.make AKIBA」の工作室で行い、「秋葉原生まれ、メイドインジャパン」のモジュールとなる。今後、販売だけでなくハッカソンや製品開発コンテストも企画予定だ。

photo 秋葉原の地で業務用マシンを使ってはんだ付けや部品の配置を行う
photo はんだ付け前の基盤(右上)、はんだ付け後(左上)、完成品の裏表(下段)

photo 東芝 ロジックLSI事業部 松井俊也事業部長附

 東芝のロジックLSI事業部の松井俊也事業部長附は、今回の取り組みについて「小さく地味なチップではあるが、新しく独創的な製品の一部としてこんな風に使ってもらえるとこちらもやってみたくなるしわくわくする」と歓迎。「ギャップを埋めるというよりつながっていくイメージで、これからもスタートアップや開発者のみなさんと接するチャンスを増やしていきたい」と話している。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -