ニュース
2015年08月03日 08時50分 UPDATE

Googleストリートビューカー、大気品質測定センサー搭載へ

Googleがマップ作成用に走らせているストリートビューカーに大気中のオゾンや有機化合物などを測定できるセンサーを搭載する実験を開始した。大気品質マップ作成の土台になるという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 環境センサーネットワークを手掛ける米Aclimaは7月28日(現地時間)、米Googleとの提携により、Googleがマップ作成のために走らせているストリートビューカーに大気センサーを搭載し、大気品質のデータを収集していると発表した。これにより、都市部における高精細な大気品質地図を作成する土台ができるとしている。

 map 1 大気品質データ収集の概念図

 このセンサーを搭載したストリートビューカーは、マップ用の画像を撮影しながら道沿いの二酸化窒素、一酸化窒素、オゾン、一酸化炭素、二酸化炭素、メタン、黒色炭素、微粒子状物質、揮発性有機化合物などの分布データも記録できる。

 map 2 大気センサーを搭載したストリートビューカー

 まずはコロラド州デンバーで3台のストリートビューカーにセンサーを搭載して1カ月テストし、750時間の走行で1億5000万のデータポイントのデータを収集した。このテストは、米航空宇宙局(NASA)と米環境保護庁(EPA)が実施している大気品質データ研究の一環として行われた。

 今秋にはカリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアでもテストする計画だ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -