ニュース
2015年08月07日 13時53分 UPDATE

Microsoft、iOSアプリ→Windows 10移植ツール「Windows Bridge for iOS」をオープンソースで公開

Microsoftが、4月のBuild 2015で披露したiOSアプリをWindowsのユニバーサルアプリに移植するツール「Windows Bridge for iOS」のプレビュー版をオープンソースで公開した。誰でもダウンロードできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月6日(現地時間)、iOSアプリをWindows 10の「ユニバーサルアプリ」に移植するためのツールのプレビュー版をオープンソースで公開したと発表した。

 ツールの名称は「Windows Bridge for iOS」(コードネーム:Project Islandwood)で、MITオープンソースライセンスの下で、GitHubで公開された。

 このツールは、4月のBuild 2015で紹介されたものだ。

 最終版は、Visual Studio 2015のアップデートに合わせ、今秋にリリースする計画。

 iOSアプリの開発者は、このツールを使ってアプリをx86およびx64のWindows 8.1/10向けに移植できる。コンパイラはSwiftではなく、Objective-Cをサポートする。

 bridge

 Build 2015ではiOSだけでなく、Androidアプリをユニバーサルアプリに移植するためのツール(名称は「Windows Bridge for Android」)も発表されたが、こちらはまだ招待制プレビューの段階で、今秋にパブリックβになる見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -