ニュース
2015年08月11日 07時37分 UPDATE

Google、新持株会社Alphabetの傘下に入り、スンダー・ピチャイ氏がCEOに

Googleのラリー・ペイジCEOが、新たな持株会社Alphabetを設立してそのCEOに就任し、Googleを傘下の事業会社にすると発表した。GoogleのCEOには例年のGoogle I/Oを統括してきたスンダー・ピチャイ氏が就任する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleのラリー・ペイジCEOは8月10日(現地時間)、Googleを新たな持株会社Alphabetの傘下の1事業会社とする大規模改革を発表した。すべてのGoogle株はAlphabet株に移行する。

 Googleの共同創業者であるペイジ氏はAlphabetのCEOに、サーゲイ・ブリン氏は同社の社長に就任する。Googleの会長、エリック・シュミット氏はAlphabetの会長になる。

 Googleは、検索、広告、マップ、Google Play Store、YouTube、Androidなどの従来の主力事業にフォーカスし、ライフサイエンス事業Google Xの自動運転車やGoogle Glassなどは別の事業会社になる。

 GoogleのCEOには、現プロダクト担当上級副社長であるスンダー・ピチャイ氏が就任する。

 pichai Google I/O 2015で総合司会を務めたスンダー・ピチャイ氏

 ペイジ氏は発表文で、「私達(ペイジ氏とブリン氏)はこれまで、着手段階ではクレイジーだと思われるようなことを実現させてきた。そうした事業の中で、Googleマップ、YouTube、Chrome、Androidなどは現在10億人以上が使っている。うまくいっている企業はそのままの路線を維持すればうまくいくと思われがちだが、テクノロジー業界ではそうはいかない」と説明し、今後もクレイジーだと思われるプロジェクト(自動運転車やProject Loonなど)に柔軟に取り組みやすくするために持株会社制にすると語った。「サーゲイ(ブリン氏)と私は新しいことを始める事業に真剣に取り組む」という。

 Alphabetという社名は、人類のイノベーションにとって重要なツールである言語を表す文字の集まりという意味もあり、Google検索のインデックスの要でもあり、金融用語の「アルファ値」(ベンチマークを上回る収益)にもつながるので、気に入っているとペイジ氏は語った。AlphabetのWebサイトには現在、「GはGoogleのG」というメッセージが表示されている。サイトのURLは「abc.xyz」だ。

 alphabet

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -