ニュース
2015年08月11日 12時02分 UPDATE

「iPhone 6S」(仮)の感圧タッチ、マップでのナビ起動などのショートカット割り当てか

9月9日のイベントで発表される見込みの「iPhone 6S」(仮)の感圧タッチ(Force Touch)では、Apple Watchの狭い画面用の感圧タッチとは異なり、主にケースバイケースのショートカット機能が割り当てられていると、実際に新端末を使ったという情報筋が説明した。

[ITmedia]

 次期iPhoneには感圧タッチ(Force Touch)が採用されるといううわさは以前からあるが、このiPhone版感圧タッチの具体的な機能について、米9TO5Macが実際にiPhone 6S(仮)を使ってみたという情報筋の話として伝えた。

 感圧タッチは、まず「Apple Watch」に採用された機能。Apple Watchでは、通常のタップより強く押しこむように画面を押すことで、例えば文字盤のデザイン変更や、「ミュージック」アプリでのプレイリスト表示などに使う。

 force 1 Apple Watchの感圧タッチの使用例

 感圧タッチは「新MacBook」のトラックパッドでも採用されており、こちらでは例えば日付やイベントを強めにクリックすると、それがカレンダーに追加できたり、住所を強めにクリックするとその住所のちずのプレビューが表示されたりする。

 force 2 感圧タッチトラックパッド

 iPhoneの場合は、主にショートカット的な役割を持つという。例えば、「マップ」で目的地を強くタップすると、現在地から目的地までのナビが起動したり、「ミュージック」の楽曲リストである曲を強くタップすると、その楽曲をプレイリストに追加するか、オフラインで聴けるようにするかのメニューが表示される。

 この感圧タッチ機能は、9TO5Macが9月9日に発表されそうだとしている12.9インチのiPadでも採用される可能性があるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -