ニュース
2015年08月19日 17時53分 UPDATE

アイドルを人工知能化するプロジェクト開始 篠崎愛さんを「世界初のAIドル」に

グラビアアイドル・篠崎愛さんの人工知能を作り、アイドルの活躍の幅を広げようという「世界初」のプロジェクトへの支援募集が、クラウドファンディングサイトで始まった。

[ITmedia]

 グラビアアイドル・篠崎愛さんの人工知能(AI)を作り、アイドルの活躍の幅を広げようという「篠崎AIプロジェクト」への支援の募集が、クラウドファンディングサイト「GREENFUNDING by T-SITE」でスタートした。「世界初のAIドルを作りたい」としている。

画像

 個人の人格のコピーを実現するオルツの人工知能「al+」(オルツ)を活用。本人のように話し学習する“もう1人の篠崎愛”をつくるイメージで、AIがファンと24時間対話したり、街中の案内板に入って商業施設を案内したり、ラジオ番組に出演してリスナーと対話するなど、新たなタレント活躍の道を切り開きたいという。


画像画像画像 展開のイメージ

 まずスタートモデルとして、投げかけられた言葉を理解し、音声合成した篠崎さんの声で応える機能、話す声に合わせてまたたき・口パクする機能、本人のTwitterなどから回答パターンを学習し、より篠崎さんらしい振る舞いになる機能──を実装する計画。PCやスマートフォンのWebブラウザから利用できるよう開発する。将来は3Dモデルを作り、話しかけられた内容や、話す内容に応じて動く機能も搭載したいとしている。

 スタートモデル開発費600万円をクラウドファンディングで調達する。1000円から支援でき、支援額によって、AIに投げかける質問を考えられる権利や、スターとモデルを公開前に1カ月使用し、フィードバックできる権利、会話データを作るための、本人と焼き肉食事会に参加できる権利――などがもらえる。

 篠崎さんが所属する芸能事務所・シャイニングウィルの高橋盛弘社長は「最近はタレントがすぐに消費されてしまう。大切なタレントたちを、消費される存在ではなく『一生残る存在』にしたい」と考え、篠崎愛さんを人工知能化してみたいと思ったとコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -