ニュース
2015年08月20日 12時51分 UPDATE

リッピングソフトのアップロード、著作権法違反の疑いで初摘発 リンク張った出版関係者3人も幇助の疑い

CSSを回避してDVDを複製できるリッピングソフトをWebサイトにアップロードしていたとして、著作権法違反の疑いでサイト運営者が摘発された。

[ITmedia]

 日本映像ソフト協会(JVA)によると、神奈川県警は8月19日までに、DVDの保護技術を回避してをPCに取り込むことができるリッピングソフトをWebサイトにアップロードしていたとして、著作権法違反の疑いでサイト運営者を送検した。

 摘発されたのは、「DVD Shrink日本語版」を公開していたサイト運営者。JVAによると、著作権法違反によるリッピングソフトの摘発は初めて。

 また同サイトのダウンロードページにリンクを張っていたとして、著作権法違反幇助の疑いで、DVDコピー関連本を出版する出版社の従業員1人と編集プロダクションの従業員2人も送検した。

 出版社は、同ソフトへのダウンロード先を収録した関連本を出版していた。このリンク先がJVA会員社の警告でソフトを取り下げて謝罪したため、別のダウンロード先(今回摘発されたサイト)を見つけて自社のWebサイトからリンクしていたという。

 2012年の著作権法改正で、DVDの「CSS」などアクセスコントロールを回避してデータを複製する行為や、それを可能にするプログラムの提供が違法になった。リッピングソフトの提供はこれまで、不正競争防止法違反で検挙されることはあったが、著作権法違反による検挙は今回が初という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -