ニュース
2015年08月21日 09時40分 UPDATE

Amazon、Flash広告掲載拒否へ 9月1日から

各社WebブラウザがFlash脆弱性対策としてFlash Playerのブロックやコンテンツ停止を実施する中、Amazonが関連サイトと広告ネットワークAAPでのFlash広告を9月1日から受け付けないとガイドラインページで告知した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは9月1日(現地時間)から、同社サイトおよび広告ネットワーク「Amazon Advertising Platform(AAP)」、運営ドメインへのFlash広告を受け付けなくなると、広告のテクニカルガイドラインで告知した。

 amazon Amazon.comの告知

 これは、最近の各社WebブラウザのFlash Playerに関連する動きを受けたものという。米GoogleのChromeには6月、Flashコンテンツを含むWebページを開く際、場合によってはそのコンテンツを停止する機能が追加された。7月にはMozillaが、FirefoxでのFlash Playerの(一時的な)ブロックを発表した。米Appleは以前から、Safariの古いバージョンのFlashプラグインを遮断している。

 ChromeのFlashコンテンツ停止機能は、現行の安定版ではオプトイン(設定変更で有効にする)だが、9月に予定されている次期アップデートで初期設定から有効になる見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -