ニュース
2015年08月21日 10時57分 UPDATE

マツダ、CM撮影問題を指摘したTwitterユーザーに改めて謝罪

マツダの販売会社がテレビCM制作で一般車両の安全を妨害する撮影をした問題で、これを指摘した結果アカウント削除に追い込まれたTwitterユーザーに対し、マツダは改めて謝罪した。

[ITmedia]

 マツダは8月20日、販売会社がテレビCM制作で一般車両の安全を妨害する撮影をした問題で、これを指摘したTwitterユーザーに対し「大変なご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪するコメントをWebサイトに発表した。

photo マツダの謝罪=Webサイトより

 撮影は今年5月、静岡マツダが発注した広告代理店により西伊豆スカイライン(静岡県)で実施。この様子を目撃したTwitterユーザーが「公道での撮影なのに道路封鎖がなく、撮影車が対向車に構わずに車線をはみ出してくる」などと写真付きでツイートして指摘した。

 これに対しマツダは8月3日、公式Twitterで「調査したところ、こうした事実はなかった」などと否定した。ただ、指摘したユーザーに返信を送る際、ツイートの先頭に「.(ピリオド)@指摘したユーザーのアカウント」を入れる形でツイートしたため、マツダフォロワーにアカウントを“さらす”格好に。指摘したユーザーにはマツダファンなどから「ねつ造」などと批判が殺到し、アカウントの削除に追い込まれていた。

 その後、マツダが販売会社も調べた結果、指摘が事実だったことが判明。7日になって「一般車両等の安全走行を妨げる撮影」だったとして謝罪した。マツダTwitterアカウントの返信方法には「ファンに叩かせるやり方だ」と批判する声も上がっていた。

 同社は指摘したユーザーに対し、同社公式Twitterアカウントのツイートにより「さらなるご迷惑をおかけしてしまったことについても、誠に申し訳なく重ねてお詫び申し上げます」と謝罪。「発信する情報においては適時適切な情報発信の手段を選択」するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -