ニュース
2015年08月24日 13時10分 UPDATE

Amazon Echo、SamsungのIoTハブをサポート 音声でのスマートホーム製品制御が可能に

Amazon.comのWi-Fi対応スピーカー「Amazon Echo」がSamsung傘下のSmartThingsのスマートホーム製品ハブをサポートする。これにより、SamsungやPhilipsなどのスマートホーム製品を音声で制御できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronics傘下のIoT関連企業SmartThingsは8月21日(現地時間)、同社のスマートホーム製品を米Amazon.comの「Amazon Echo」に対応させたと発表した。200以上のスマートホーム製品をAmazon Echo経由で音声制御できるようになる。

 Amazon Echoは、Amazonが昨年11月に米国で発売した音声制御可能なWi-Fiスピーカー。スピーカーとしての機能の他、米AppleのSiriや米GoogleのGoogle Nowのようなパーソナルアシスタント機能も備え、「Alexa」と呼び掛けてから質問すると、例えば気象情報などを音声で答える。価格は179.99ドル(約2万円)。

 echo 1 Amazon Echo

 SmartThingsはカリフォルニア州パロアルトに拠点を置く非公開企業。2014年7月にSamsungに買収された。同社の「SmartThings Hub」は、スマートホーム向け無線プロトコル規格「ZigBee」および「Z-Wave」をサポートし、IP接続端末とも互換で、200以上のスマートホーム製品を一元管理できる。Android、iOS、Windows Phone向けに公開されているモバイルアプリで制御する。

 このSmartThings HubをAmazon Echoと接続することで、Hubでの制御を音声命令で行えるようになる。現在予約受付中の新しいSmartThings Hubの価格は99ドル。

 echo 2 SmartThings Hub

 Hubの対応製品一覧によると、Samsungのオーディオ製品や電球の他、Philips、Belkin、Dropcam、GE、Sonosのスマートホーム製品などに対応している。例えば、「Alexa、キッチンの照明をつけて」とAmazon Echoに向かって命ずると、リモートでキッチンの照明を点灯できる。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -