ニュース
2015年09月01日 09時22分 UPDATE

AppleとCisco、企業向けモバイルで大規模提携 企業向けiPhoneとiPadに“優先車線”提供へ

Appleが、昨年のIBMとの提携に続けて、Cisco Systemと企業向けモバイルソリューションに関する提携を結んだと発表した。iPhoneおよびiPadをCiscoのネットワークやWebExなどのコラボレーションツールで快適に利用できるようにするのが目的としている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleと米Cisco Systemsは8月31日(現地時間)、企業向けサービスにおける大規模提携を発表した。「CiscoのネットワークをiOS端末およびアプリに最適化し、iPhoneをCiscoの企業環境に統合し、iPhoneおよびiPadにユニークなコラボレーションツールを提供することで、iOSをビジネスで利用しているユーザーに“優先車線”を提供する」としている。

 apple cisco AppleとCiscoの提携の概念図

 Appleのティム・クックCEOは発表文で、iOS端末はほぼすべてのFortune500企業におけるモバイル戦略の中心にあり、「Ciscoとの協力により、企業にiOSの能力を最大化するツールを提供し、人々が愛用する端末(iPhoneおよびiPad)を使ってさらに生産性を上げることを支援できる」と語った。

 Ciscoのチャック・ロビンスCEOは公式ブログで、「この提携のユニークなところは、両社のエンジニアリングチームが顧客企業向けのソリューションを共同開発することだ」と語った。

 両社はまず、CiscoのネットワークとiOS端末向けのエンドツーエンドの高速化、CiscoのUC(ユニファイドコミュニケーション)製品のiPhoneへの最適化、Ciscoの企業向けコラボレーションツールである「Cisco Spark」「Cicso TelePresence」「Cisco WebEx」のiOSへの最適化に取り組むという。

 Appleは昨年には米IBMと、企業向けモバイルに関連する大規模提携を発表した。Ciscoとの提携で、IBMとの提携同様にCiscoがiOS端末を同社のツールとともに企業に納入することになるのかどうかは不明だが、この提携がiOS端末の企業市場でのシェア拡大の一助になることは確実だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -