ニュース
2015年09月04日 07時48分 UPDATE

Google、単体アプリ「ストリートビュー」をAndroidとiOS向けにリリース

Googleが、誰でも360度画像を撮影し、Googleマップに投稿できる単体アプリ「ストリートビュー」をiOSおよびAndroid向けにリリースした。アプリでは投稿された写真やGoogleが撮影した写真をギャラリーで閲覧したり、「ペグマン」での本来でのストリートビュー機能も利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月3日(現地時間)、iOSおよびAndroid向けの単体アプリ「ストリートビュー」をリリースしたと発表した。端末で360度パノラマ写真を撮影してGoogleマップに投稿したり、マップと連係するGoogleや一般ユーザーが投稿した360度画像を閲覧できる。

 street 1 ストリートビューアプリ

 Googleマップ内のストリートビュー(360度の写真で道順を確認できる機能)が独立したアプリというよりも、地図と連係する360度写真(Googleは「Photo Sphere」と呼ぶ)を投稿・閲覧するための娯楽性の高いアプリだ。

 iOS版は「Photo Sphere Camera」アプリからの名称変更という形でのリリースだ(Google検索での「Photo Sphere Camera」の検索結果が「ストリートビュー」にリダイレクトされる)。Android版は、これまでインストールされてもアプリリストに表示されなかった「Googleマップのストリートビュー」からのアップデートで、単体アプリとして表示されるようになる。

 street 2 iOSアプリは「アプリ名が「ストリートビュー」になりました」となっている

 このアプリをインストールできる端末であれば、端末のカメラで360度写真を撮影・投稿できる。また、「RICOH THETA」のような360度撮影カメラからも撮影・投稿できる。

 street 3 360度写真を撮影し、Googleマップに投稿できる

 アプリの「ギャラリー」では、一般ユーザーが投稿した画像や、Googleが撮影した画像を閲覧できる。Googleは今年の5月、360度の動画が撮影できるシステム「JUMP」を発表している。

 地名を検索すれば地図上にペグマン(黄色い人のアイコン)が表示され、本来のストリートビュー機能も利用できる。

 street 4 「ギャラリー」で様々な画像を楽しめる

 Appleが独自のストリートビューを準備している中、一般ユーザーからの投稿画像というクラウドソースでGoogleマップを充実させる狙いもあるのかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -