ニュース
2015年09月07日 07時23分 UPDATE

Windows 10のBingで「Chrome」か「Firefox」を検索すると「Edge」を勧められる

Windows 10のリリースから約1カ月。デフォルトWebブラウザ「Microsoft Edge」の利用率はWindows 10ユーザーのわずか14.5%と報じられる中、MicrosoftがBingでの「Chrome」や「Firefox」の検索結果にEdgeを推奨する告知を表示している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftが7月29日にリリースした「Windows 10」のBing検索で、「Chrome」あるいは「Firefox」と検索すると、検索結果のトップに「MicrosoftはWindows 10のMicrosoft Edgeをお勧めします」という告知が表示されることがある。米VentureBeatが9月4日(現地時間)に報じた。

 本稿筆者が確認したところ、日本語版Bingでは表示されなかったが、英語版Bingでの「Chrome」の検索結果に告知が表示された。

 edge 1 英語版BingでChromeを検索した結果

 必ず表示されるわけではないようで、表示されないこともあった。また、「Firefox」の検索では数回試した範囲では表示できなかった。

 告知にある「Learn why(その理由は)」をクリックすると、「Bing and Microsoft Edge」というEdgeの長所を説明するページに飛ぶ(このページの日本語版はない)。

 edge 2 Edgeの紹介ページ

 Edgeは、MicrosoftがWindows 10のデフォルトブラウザと位置付ける新Webブラウザ。Windows 10へのアップグレードの際、デフォルトブラウザの選択を促すような画面は出ずに、ほぼ自動的にEdgeがデフォルトになるため、競合するWebブラウザのFirefoxを提供するMozillaが苦言を呈した。このプロセスは現在も変わっていない。

 それでも、Windows 10でのEdgeの利用シェアがかなり低いことが、アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterの調査で明らかになった。

 同社が9月1日に公開した、7月24日〜8月31日のWindows 10ユーザーによるWebブラウザ利用状況のグラフによると、Edgeの利用シェアは7月30日(リリース翌日)の20.09%をピークに下がり続け、8月31日には14.5%になった。つまり、Windows 10へのアップグレード後に一旦Edgeを使ってみたユーザーも、その後他のブラウザに移行したことを意味する。

 edge usage Windows 10ユーザーの利用ブラウザシェア推移(資料:StatCounter)

 Windows 10で圧倒的に使われているのは米GoogleのChrome(8月31日のシェアは60.4%)で、次はMozillaのFirefox(同シェアは17.28%)だった。

 なお、検索結果で自社製品を推奨するのはMicrosoftだけの行為ではない。MicrosoftのInternet Explorer(IE)でGoogle検索を起動すると、以下のようにChromeを推奨する告知が表示される。

 edge 3 IEのGoogle検索ページに表示されるChrome推奨告知

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -