ニュース
2015年09月09日 09時40分 UPDATE

ジョン・マカフィー氏、米大統領選に出馬へ

殺人容疑を掛けられたり、米国家安全保障局(NSA)からプライバシーを守る端末を開発したりと、何かとお騒がせな自称“エキセントリックな大富豪”、ジョン・マカフィー氏が2016年大統領選への出馬を発表するもようだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米セキュリティソフト会社McAfee(2011年に米Intelが買収)の創業者、ジョン・マカフィー氏が2016年米大統領選挙に出馬する。米The Hillが9月8日(現地時間)、米連邦選挙委員会(FEC)に提出された書類(リンク先はPDF)に基いて報じた。

 同氏は7日に「Mcafee For President」(マカフィーを大統領に)というTwitterアカウントと、「mcafee16.com」というWebサイトを立ち上げた。

 john 1 Mcafee For PresidentのTwitterアカウント

 マカフィー氏は自身のTwitterアカウント(公式バッジは付いていないが、おそらく本人のもの)で、9日に記者発表を行うと予告した。

 FECへの提出文書によると、同氏は新たな政党を立ち上げる計画という。

 mcafee16.comのトップページには、初代合衆国大統領ジョージ・ワシントン氏の辞任演説の一節「偽りの愛国主義を警戒せよ」が掲げられている。

 john 2 「偽りの愛国主義を警戒せよ」

 マカフィー氏は1987年に同社を創業し、94年に株式を売却。2012年にはグアテマラの隣国ベリーズで殺人の容疑をかけられたがグアテマラに亡命し、その後米国に帰国。Future Tense Private Systems(FTC)という企業を興し、セキュリティー関連製品を開発したり、プライベートなメッセージングアプリをリリースしたりしている。

 2011年に同社を買収したIntelは現在もMcAfeeのブランドを、Intel Securityの一部として残している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -