ニュース
2015年09月10日 08時29分 UPDATE

神戸連続殺傷事件「元少年A」名乗るサイト開設 自己紹介やイラストなど掲載

著書の出版が論議を呼んだ神戸連続児童殺傷事件の加害男性「元少年A」を名乗るWebサイトが開設されていることが分かった。

[ITmedia]

 1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件の加害男性「元少年A」を名乗るWebサイトが開設されていることが分かった。報道機関などに元少年Aと称する人物からサイトのURLが送られてきたというが、この人物が男性と同一人物かどうかは不明だ。

photo 「元少年A」を名乗るサイト

 サイトは「存在の耐えられない透明さ」というタイトル。自称「元少年A」について「身長165.6cm 体重54.3kg 視力 右0.03 左0.05」「誇大妄想癖あり」といったプロフィールのほか、少年Aの著書だとして今年6月に出版された「絶歌」について「『少年Aについて知りたければ、この一冊を読めば事足りる』そう言っても差支えないほどの、究極の『少年A本』です」などと紹介している。

 「ギャラリー」にはイラストや、顔を隠した全裸の男性の写真などが公開されている。ナメクジの写真が大量に掲載されており、iPhone 5sで撮影したという。

photo イラストなども掲載されている

 映画や書籍のレビューも掲載されている。人肉食事件を起こした佐川一政氏の著書について語った文章もある。

 被害者の遺族に対し謝罪するような言葉はない。

 TwitterやFacebookなどのSNSには参加しておらず、情報発信は同サイトだけにしているという。サイトは「jimdo」を使って作成されており、ドメインは9月8日に登録されている。

 週刊文春によると、この人物から編集部に送られてきた郵便物に、同誌が報じた「絶歌」の出版経緯について「残念ながら事実とは異なっていました」と説明するA4用紙20枚・2万3000字に及ぶ手紙が入っていたという。手紙にはこのサイトのURLも記されていたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -