ニュース
2015年09月15日 18時26分 UPDATE

「メルカリ」で匿名配送が可能に ヤマトと連携

「メルカリ」の出品者・購入者がお互いの住所を教え合うことなく商品をやりとりできる匿名配送機能の試験運用を、メルカリとヤマトが連携してスタートした。

[ITmedia]

 フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリとヤマト運輸は、メルカリの出品者・購入者がお互いの住所を教え合うことなく商品をやりとりできる匿名配送機能の試験運用を、9月15日に始めた。当初はアプリ内の抽選で選ばれた一部のユーザーが対象。随時、拡大を検討する。

画像

 両社のシステムを連携して実現したサービスで、アプリ上で配送手配が完結するサービス「らくらくメルカリ便」の利用者が対象。

 らくらくメルカリ便で匿名配送を利用すると、メルカリ上で購入成立後、出品者にQRコードを発行。出品者がヤマト運輸直営店に商品を持ち込み、QRコードを店頭端末「ネコピット」で読み取ると、「お届け先」が空欄の送り状を印字する。購入者に届く送り状は、「ご依頼主」が空欄になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -