ニュース
2015年10月06日 13時57分 UPDATE

歩いて踊る、人型ロボット携帯電話「RoBoHoN」 シャープが来年発売

シャープがロボット型携帯電話端末「RoBoHoN」を発表。2足歩行で動き、しゃべる携帯電話だ。

[片渕陽平,ITmedia]

 シャープは10月6日、モバイル型ロボット電話「RoBoHoN」(ロボホン)を2016年前半に発売すると発表した。小型ボディーは2足歩行可能な人型ロボットになっており、通話やメールなどを行える。

photo

 ヒューマノイドロボット型の携帯電話端末で、背面に2.0インチのQVGA液晶タッチパネルを搭載。モバイル通信(LTE/3G)に対応し、通話やメール、カメラなど携帯電話の基本的な機能を利用できる。高さは約19.5センチ、重さは約390グラムと、衣類のポケットやかばんに入れて屋外に持ち歩けるサイズだ。

 ロボットとして2足歩行やダンスなどのアクションができるほか、音声認識や顔認識、呼びかけに応じた音声対話なども可能。頭部には小型プロジェクターを搭載し、撮影した写真や動画などを壁や机に映し出せる。

photo 実際に通話した時のサイズ感(コンセプトムービーより)
photo ディスプレイは背面に

 共同開発したロボ・ガレージ代表のロボットクリエイター高橋智隆さんによると、「スマートフォンのような四角い箱に話しかけるのは心理的な抵抗感がある、人間と話すように自然なロボットを目指した」とのこと。「ロボットを1人1台、ポケットに入れて暮らす日が近づいたのでは」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -