ニュース
2015年10月14日 00時18分 UPDATE

神戸連続殺傷事件「元少年A」名乗る人物、質問に答えるコンテンツの有料配信を開始

神戸連続児童殺傷事件の加害男性「元少年A」を名乗る人物が、メールで寄せられた質問に答える有料コンテンツの配信を始めた。

[ITmedia]
photo コンテンツの冒頭

 1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件の加害男性「元少年A」を名乗る人物が、メールで寄せられた質問に答える有料コンテンツの配信を開始した。「元少年Aとよりディープに、魂の触角と触角が絡み合うようなやり取りができるよう、新たに別な場所を設けることにしました」という。

 タイトルは「元少年Aの“Q & 少年A”」。FC2のシステムを使っており、隔週刊で月額800円。9月に開設したWebサイトで告知した。同サイト経由で多数のメールを受け取ったといい、寄せられた質問に答える場として配信するという。

 「ホームページ上にFAQコーナーを設けようかとも思ったのですが、想像に反して真摯な内容のメールが多かったため、誰でも気軽に覗けるホームページ上ではなく、元少年Aとよりディープに、魂の触角と触角が絡み合うようなやり取りができるよう、新たに別な場所を設けることにしました」。「触覚ポーズ」といったナメクジを思わせるイラストも掲載されている。

photo Webサイトで告知している

 ブログに公開されたメールマガジン第1号では、フリーライターや心理学者らからの質問への回答を掲載。罪についての反省を求めるメールには「“禿同”です」と答えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -