ニュース
2015年10月14日 08時40分 UPDATE

Twitterのジャック・ドーシーCEO、最高336人のレイオフを発表

Twitterの正式CEOに就任したばかりのジャック・ドーシー氏が、従業員の約8%をレイオフすると公開書簡で発表した。このリストラにより、「世界が必要とする強いTwitter」を目指すためのより目的に沿ったチームを構築するとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは10月13日(現地時間)、最高336人の従業員を解雇するリストラ計画を発表した。同社の正式CEOに就任したばかりのジャック・ドーシー氏による従業員宛公開書簡が米証券取引委員会(SEC)で公開された。

 jack 1 SECで公開された従業員宛書簡

 Twitterの会社概要によると、現在(2015年6月30日時点)の従業員数は4100人なので、約8%の人員削減になる。主に製品およびエンジニアリング部門を構造改革するとしている。同社の従業員の50%がエンジニアだ。

 jack 2 Twitterの会社概要

 同社の従業員数は2013年の株式公開時は約2000人だったが、その後の多数の企業買収で倍以上になっていた。

 jack 3 ジャック・ドーシーCEO

 書簡のタイトルは「よりフォーカスしたTwitter」となっており、書き出しは「われわれはTwitterをより成長させるためにリストラを実施している。この手のメールは通常、無駄な会社用語だらけになるものだが、私ははっきり説明しよう」だ。

 リストラ対象の従業員には十分な退職手当と再就職先探しのサポートを提供する。

 このリストラにより、より目的に沿ったチームを構築し、「世界が必要とする強いTwitter」を目指すという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -