ニュース
2015年10月20日 12時35分 UPDATE

ARアプリをHTML/Javaで開発する「Wikitude SDK」発売 スマートグラスにも対応

グレープシティは、HTMLなどのWeb標準技術でARアプリを開発できるツール「Wikitude SDK」を発売する。

[ITmedia]

 グレープシティは10月20日、HTML/JavaScript/CSSなどを利用してAR(拡張現実)アプリを開発できるツール「Wikitude SDK」を発売する。スマートフォンやタブレット向け(iOS/Android)のほか、スマートグラスのネイティブアプリも開発できる。

photo

 スマホにかざした写真や絵、現在の位置情報から、2D画像や3Dモデル、動画、テキストなどのARコンテンツを取得・表示するAR技術をアプリ内に組み込める。

 位置情報を取得する「ロケーションベース型」、任意の画像にARコンテンツを重ねる「画像認識型」の両方をサポートし、製品カタログからスマホを介して商品購入へ誘導、作業現場の見取り図と現在地を作業員のスマートグラスにリアルタイムに投影――などの用途を想定するという。

 3Dモデルにアニメーションを付けられる「3D Encoder」、建物や施設などのターゲットに設定するとデバイスの距離を画面上に表示できるレーダー機能、ターゲット画像がカメラの視界から外れても認識・表示を続ける拡張追跡機能などに対応する。

photo アニメーションも設定
photo レーダー機能
photo 拡張追跡機能

 開発からデバック、テストまでは無料、アプリ配布時にライセンス購入が必要となる。Xamarin、Cordova、Titanium、Unityといった開発環境向けプラグインは無償で提供する。

photo 開発段階は無料で利用できる

 ブラウザ上でARコンテンツを作成できるクラウドサービス「Wikitude Studio」も同時に発売。アニメーションには未対応だが、プログラミング知識がなくても直感的に操作できるのが特徴だ。月額8640円(税込)から利用できる。

photo 「Wikitude Studio」はブラウザ上で操作可能

 グレープシティの担当者によると、工事や保守点検などの分野でAR活用が注目を集めているという。「開発のハードルを下げ、拡張追跡など現場作業に役立つ機能を追加して、BtoBの需要を獲得したい」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -