ニュース
2015年10月21日 12時04分 UPDATE

New York Times、Googleとの提携でVRコンテンツ提供へ

New York Timesが100万人以上の購読者にGoogle Cardboardのゴーグルを無償提供し、専用アプリ経由でVRコンテンツを提供する「NYT VR」プロジェクトを立ち上げた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米New York Timesは10月20日(現地時間)、米Googleとの提携により、仮想現実(VR)コンテンツ提供プロジェクト「NYT VR」を立ち上げたと発表した。11月5日にAndroidおよびiOS向け専用アプリを各アプリストアで無料公開し、第一弾の360度動画を11月の最初の週末に提供する計画。

 NYT VRアプリは、VRコンテンツを手掛ける米IM360との協力で製作した。

 nyt 1 im360のVRアプリ

 このプロジェクトで、購読者に100万個以上のGoogle Cardboardビューワ(スマートフォンをはめ込んで使うゴーグル)を無償で提供する。

 最初のコンテンツは、VRコンテンツプロバイダーのVrseが製作する難民の子どもに関するドキュメンタリーになる。視聴者は、南スーダン、ウクライナ、シリアの3人の難民の子どもの日常生活を仮想体験する。

 nyt 2 Vrseが作成した難民ドキュメンタリー作品

 New York Timesは、Googleが運営するYouTubeの「YouTube 360チャンネル」でもVRコンテンツを公開している。

 NYT VRのコンテンツには、VRの広告が表示される。最初のスポンサーは米GEと独BMW傘下のMINIで、それぞれがVR動画広告を用意している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -