ニュース
2015年10月23日 18時29分 UPDATE

渋谷区、同性カップルに「パートナーシップ証明書」11月5日から発行

東京都渋谷区は、同性カップルを結婚に相当する関係として認める「パートナーシップ証明書」を11月5日から発行する。

[ITmedia]

 東京都渋谷区は、同性カップルを結婚に相当する関係として認める「パートナーシップ証明書」の発行を10月28日から受け付け、11月5日から交付する。

 4月に施行した「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」に基づき、全国に先駆けて発行を始める。(1)男女の婚姻関係と異ならない程度の実

質を備える、(2)戸籍上の性別が同一である二者間の社会生活関係──を「パートナーシップ」として、区が証明する。

photo 渋谷区の告知

 2人が渋谷区在住で住民登録をしている20歳以上で、配偶者がおらず、当事者以外とのパートナーシップがないことなどが条件。渋谷区外に転出した場合や、パートナーシップを解消した際は証明書を返還する義務がある。

 証明書には法的拘束力はないが、パートナーシップ証明書の対象者に携帯電話会社が「家族割」を適用するなど、活用の動きも広がっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -