ニュース
2015年10月27日 12時02分 UPDATE

Google、検索アルゴリズムにAI(人工知能)「RankBrain」のシグナルを採用

Googleの上級科学研究員が、Bloombergのインタビューで、Google検索のアルゴリズムで「RankBrain」と呼ばれるAIシステムを採用したと語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleはここ数カ月、検索アルゴリズムで、「RankBrain」と呼ばれるAI(人工知能)ベースのシステムを使っている──。米Bloombergが10月26日(現地時間)に掲載した記事のインタビューで、Googleの上級科学研究員、グレッグ・コラド氏がそう語った。

 Google検索が毎秒受け取る膨大なクエリーの、約15%は検索エンジンにとって全く新しいものという。RankBrainは、検索エンジンがこうした未知のクエリーを“理解”するのを助ける。入力された未知の言葉を検索エンジンが理解できるベクターと呼ばれる数値に変換し、その数値が既知のどの言葉と近い意味を持つかを推測する。

 コラド氏によると、Googleの検索アルゴリズムは検索結果を出すために数百のシグナルを使っているが、RankBrainのシグナルは今や、3番目に重要なシグナルとなっているという。

 RankBrainに幾つかのWebページを“見せて”、Google検索がどのページを検索結果の上位に表示するかを予測させたところ、検索アルゴリズムが専門のGoogleのエンジニアの正解率が70%のところ、これを10ポイント上回る80%の正解率だったという。

 GoogleはGmailのスパムフィルタでもAI技術を採用している。

 RankBrainをGoogle検索で採用する前に、同社は約1年間、検索やディープラーニングの専門家チームでテストしたという。「検索はGoogleの基盤だ。機械学習は、問題に注ぐとその問題を解決できる魔法のシロップではない。実行に値すると確信できるものを構築するには、膨大な考察と慎重さが必要だ」とコラド氏は語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -