ニュース
2015年10月29日 08時44分 UPDATE

「Microsoft Outlook」アプリに「Sunrise」のカレンダー機能追加などの更新

MicrosoftがiOS版メールアプリ「Microsoft Outlook」をアップデートし、カレンダーアプリ「Sunrise」の多数の機能を統合した。Android版にも11月初旬に追加の予定だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月28日(現地時間)、iOSおよびAndroid版のメールアプリ「Microsoft Outlook」の新機能について説明した。iOS版は同日リリースのバージョン2.0.0で、Android版は11月初旬のアップデートでこれらの機能が利用できるようになる。

 多くの新機能は、同社が2月に買収した米カレンダーアプリメーカーSunriseのカレンダー機能を統合したものだ。

 Microsoftは独立したカレンダーアプリとしてSunriseのiOSおよびAnroidアプリを公開しているが、Sunriseのすべての機能のOutlookへの統合が完了したら、Sunriseの提供を終了する計画という。

 Outlookの新機能の1つは、日程を含むメッセージがある場合、メッセージ一覧でそのメッセージにカレンダーのアイコンと「RSVP」ボタンが表示されるというもの。RSVPは仏語「Respondez, s'il vous plait」(返信してください、という意味)の略で、このボタンをタップするとメッセージを開かずに直接返信画面になるので一手間省略できる(下左図)。

 画面下に並ぶメニューのカレンダーアイコンをタップして開く画面には、カレンダーと予定の一覧が表示される。カレンダーは当日以前はグレーで表示されるなど、細かいが便利なデザインになっている(下右図)。

 outlook 1 OutlookのSunrise機能

 この他、デザインもそれぞれのプラットフォームに合わせて変更され、iOS版はApple Watchのネイティブアプリになった。

 outlook 2 Android版はよりMaterial Designに沿ったデザインになる

 Microsoftによると、Microsoft OutlookのMAU(月間アクティブユーザー)数は約3000万人。その約2割は複数のアカウントを使っているという。

 Microsoft Outlookは、Microsoftが昨年12月に買収した米Acompliをベースに1月に公開したメールアプリ。同社はメールアプリを「人々の生活全般にわたるコミュニケーションチャンネル」と位置付け、今後も改善していくとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -