ニュース
2015年10月30日 13時00分 UPDATE

“三日月”に輝く冥王星 最接近の直後の写真、NASAが公開

探査機「ニューホライズンズ」がとらえた冥王星の“三日月”の写真をNASAが公開した。

[ITmedia]

 地球から約48億キロの彼方で探査機「ニューホライズンズ」がとらえた“三日月”の写真を米航空宇宙局(NASA)が公開した。同探査機による最接近直後にとらえた冥王星の姿だ。

photo “三日月”の冥王星 Credit: NASA/JHUAPL/SwRI
photo 拡大すると地表の詳細も見える

 写真には太陽光を受けて三日月のように輝く冥王星がとらえられている。もやのように囲む大気も写っており、冥王星の夜の部分を浮かび上がらせている。

 写真は7月14日に実行した最接近からわずか15分後に1万8000キロの距離から撮影された。ニューホライズンズは現在もデータの送信を続けており、冥王星の“青空”など数々の発見につながっている。

photo 冥王星には“青空”が広がっている Credits: NASA/JHUAPL/SwRI

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -