ニュース
2015年11月09日 12時47分 UPDATE

空撮写真、飛行ログを管理・共有 ドローン事業者向け「DroneCloud」

空撮データや飛行ログを一元管理できるドローン関連事業者向けクラウドサービス「DroneCloud」がリリースされた。

[ITmedia]

 ドローン関連事業を手掛けるCLUEは11月9日、ドローンを業務に活用する事業者向けのデータ管理クラウドサービス「DroneCloud」の提供を始めた。空撮データや飛行ログなどをチームで一元管理できる。利用は月額9800円(税込)から。

photo DroneCloud

 国内外で業務活用が進むドローンは、国内では主に建設や測量、インフラ点検などの分野で需要が伸びているという。複数の機体をチームで活用する際、メンテナンスのログや飛行時に取得したデータを管理・共有するメソッドを確立することが安全で効率的な運用につながる――という着眼点で開発された製品だ。

 業務に応じてプロジェクトを作成し、実施期間や責任者、メンバーや機体などを順次アサインしながら管理する。進捗状況も一目で確認が可能だ。

photo プロジェクト管理

 空撮した写真や動画、飛行計画書やプロジェクト概要などは「データ管理」機能で、メンバーとクラウド共有できる。「飛行ログ管理」機能によって、飛行した場所や日時、当日の天候、利用した機体、操縦者などのデータも一元管理する。

photo データ管理
photo 飛行ログ管理

 故障の有無や点検の進捗状況などのメンテナンス履歴を記録できる「機体管理」、責任者や操縦者を登録しておく「メンバー管理」などの機能も搭載する。

 ストレージ容量・利用人数に応じて「BASIC」(月額9800円)、「PRO」(月額4万9800円)、「BUSINESS」(月額9万9800円)の3種類のプランを用意。小規模な空撮事業から、建設・インフラ点検など幅広く利用できるツールだという。

photo 機体管理
photo メンバー管理

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -