ニュース
2015年11月19日 13時09分 UPDATE

Facebook、非営利団体向けの新たな募金ツールを立ち上げ

Facebookが、非営利団体がFacebook上で募金キャンペーンページを立ち上げるためのツールを発表した。Kickstarterなどのクラウドファンディングページのように、キャンペーン内容をアピールし、目標額や達成率を表示でき、ユーザーは募金ボタンから手軽に寄付できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは11月18日(現地時間)、非営利団体の資金調達を支援するツール「fundraisers(日本では「募金キャンペーン」)」と、2013年に立ち上げた「Donate(日本では「募金する」)」ボタンの改善を発表した。

 fundraisersは、非営利団体が開設できる、募金キャンペーン専用ページ。米Kickstarterなどのクラウドファンディングページのように、キャンペーンの趣旨を説明する画像や動画、目標金額、献金者の数、寄付ボタンなどで構成される。

 fbdonate 1 fundraisersページ

 ユーザーは、支援する団体の募金キャンペーンで、数クリックで寄付できる。寄付しなくても参加したり、シェアすることでキャンペーンを友達に広めることもできる。

 寄付ボタンの改善では、寄付ボタンをクリックして表示される募金フォーマットに、fundraisersのページと同じようにキャンペーンの目標総額と現在の達成金額が表示されるようになった(このフォーマットはfundraisersと共通)。このまた、寄付したユーザーが友達に寄付を勧めやすくなった。

 fbdonate 2

 募金にはクレジットカード、デビットカード、あるいはPayPalを利用できる。既に決済情報をFacebookに登録してある場合は、その方法で寄付できる。

 fundraisersの参加団体は、立ち上げ段階では世界野生生物基金、(RED)、American Cancer Societyなど36団体。今後、米国の内国歳入法典第501条C項3号の既定で税制上の優遇措置の対象となっている非営利団体が申し込めるようになる。米国外に範囲を拡大するかどうかは不明だ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -