ニュース
2015年11月27日 18時17分 UPDATE

ラスボスをぼくらの手の上に――小林幸子VOCALOIDがiPhoneとiPadにもやってきた

VOCALOIDのiOSアプリ「Mobile VOCALOID Editor」で、小林幸子さんが歌声を提供した「Sachiko」が利用できるようになった。

[松尾公也,ITmedia]

 ヤマハは11月27日、VOCALOIDのiOSアプリ「Mobile VOCALOID Editor」を1.3にバージョンアップした。これで、これまでVOCALOID4だけで提供していた「Sachiko」が利用可能になる。Sachikoは小林幸子さんが歌声を提供。本人歌唱を思わせるリアルな「演歌歌手」っぷりに小林さん自身も驚くほどだった。

photo iPhone/iPadに“降臨”=公式サイト
photo

 iOS版VOCALOIDはVOCALOID4のフル機能ではなく、基本機能のみ搭載している。力んだりがなったりする音色を付け加えるグロウルや、小林さんの歌い方の特徴を抽出した「Sachikobushi」プラグインは利用できない。

 ただ、iPad ProのApple Pencilを組み合わせてピッチやダイナミクスなどのパラメータを細かく描き、それを最終的にPCやMacで調整するといったことを、VOCALOID版クラウドサービスであるボカロネットを介して行うことも可能だ。

 ボカロネット内の自動作曲機能であるボカロデューサーを使い、自分で考えた歌詞で自動作曲し、それを手元のiPhone、iPadで編集してSachikoに歌わせ、発表することもできる。

 Mobile VOCALOID Editorは通常価格4800円だが、12月7日ごろまで3600円に値下げ中。Sachikoはアプリ内課金で2400円。

photo アプリ内課金でライブラリを追加できる

 Sachikoを購入すると、Sachikoオリジナルデモ曲である「今宵限りのカルナヴァウ」(手タレP)のデータがダウンロードされる。

 Mobile VOCALOID Editorではこのほかに、柴咲コウさんの歌声を元にしたギャラ子、坂本美雨さんのMew、英語専用のCYBER DIVAなどもアプリ内課金で利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -