ニュース
2015年11月30日 18時03分 UPDATE

“iPhone 7”はヘッドフォンジャックがなくなる?

次期iPhoneは従来型のヘッドフォンジャックを搭載しない可能性があるという。

[大村奈都,ITmedia]

 米Appleの次期iPhone(“iPhone 7”?)は、従来型のヘッドフォンジャックを搭載しないかもしれない。Apple情報に詳しいMacお宝鑑定団Blogが「信頼できる情報筋の話」として報じ、これを基に国内外のブログメディアが伝えている。

photo iPhone 6s

 Appleは初代iPhoneから一貫して、直径3.5ミリメートルのステレオミニプラグ対応ヘッドフォンジャックを搭載してきた。だが端末自体の薄型化が進んだ今、このジャックがさらなる薄型化を阻害しているという。

 同記事では、次期iPhoneはiPhone 6s/6s Plus(厚さ約7.1ミリ)よりも1ミリ以上薄くなる――つまり6ミリ以下になる可能性があると予想している。

 そのため次期iPhoneでは、標準的なステレオミニプラグに代わり、充電などに用いている薄型のLightning端子をヘッドフォン向けにも応用するかもしれないという。具体的には、D/Aコンバータを内蔵した新型Lightning端子に、専用の付属ヘッドフォン(EarPods)を装着する形になるとしている。

 これが事実となれば、サードパーティー各社のiPhone用ヘッドフォンも、Lightningに対応する専用プラグを搭載するか、新たに変換ケーブルなどを用意する必要がある。Bluetoothヘッドフォンは従来製品をそのまま使えるとしても、業界や市場への影響は大きくなりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -