ニュース
2015年12月02日 18時07分 UPDATE

2015 国際ロボット展:まもなく“パワードスーツ元年”か 人工筋肉・モーター活用で、荷役作業を軽減

イノフィスの「マッスルスーツ」、アクティブリンクの「アシストスーツAWN-03」など、重い荷物を持っても、負担がかからないスーツが「2015 国際ロボット展」に登場。

[片渕陽平,ITmedia]

 「2015 国際ロボット展」(12月2〜5日、東京ビッグサイト)で、筋力をサポートする補助スーツを東京理科大学発のベンチャー「イノフィス」やパナソニック傘下のアクティブリンク、三菱重工業などが出展し、来場者の注目を集めている。

photophoto イノフィス「マッスルスーツ」

 イノフィスは、人工筋肉を利用した動作補助ウェア「マッスルスーツ」を出展。圧縮空気を出し入れし、ゴムとナイロン製の人工筋肉を収縮させ、重い物を持った時、腰にかかる負担を約30キロまで軽減する。標準モデルの本体重量は約8キロで、リュックサイズのように自然な感覚で着用できる。

 訪問介護サービスを運営するアサヒサンクリーンが導入済みで、会場ではデモも行われたほか、自力で歩行が困難な人向けに、リハビリを手助けする「屈曲補助モデル」も披露された。

photophoto 息を吸ったり、吐いたりして圧縮空気を調節。ハンズフリーなため、訪問介護の現場で活用。

 空気を供給するコンプレッサーやチューブを取り払い、屋外でも使用可能な「スタンドアローンモデル」も参考出展。従来は手動だった圧縮空気の調整も自動化し、流通や土木建築など幅広い分野に訴求する考えだ。

photophoto 屈曲補助モデル(左)とスタンドアローンモデル(右)

 アクティブリンクは、モーターを活用した「アシストスーツAWN-03」を出展。体幹の動きを位置センサーで検知し、両腰のモーターが回転し負担を抑える。

 本体の重量は約6.5キロ。重い物を持った時、左右に体が傾いても片側のモーターが駆動を調整し、バランスを崩さない――といった機動力も特徴だ。荷物を抱えたまま上体を保持する「ホールドモード」、歩行をスムーズにする「歩行モード」など、体の動作に合わせ、自動でモードも切り替える。1回の充電で、最大8時間まで駆動できる。

 物流や製造・小売などをターゲットに、12月末から三井住友ファイナンス&リースグループと共同でレンタルを開始する。

photophoto 両腰のモーターで負担を軽減

 一方、三菱重工業は“重い作業服”を軽減するという、異なるアプローチの「パワーアシストスーツ」を参考出展している。東日本大震災を契機に、日本原子力発電と共同開発したもので、放射線を遮へいする作業服(約40キロ)を、ほとんど重さを感じずに着用できるようにアシストする。

 両腰と両ひざに計4つのモーターを装着。作業服を着た状態でも時速3キロほどの歩行を可能にした。連続稼働時間は2時間ほどで、防塵・防水性能も充実させ、実用化を進めるという。

photophoto パワーアシストスーツ(左)、重遮へいスーツ(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -