ニュース
2015年12月04日 09時33分 UPDATE

Google、ダウンロード前に60秒試せるモバイルアプリ広告「Trial Run Ads」発表

Googleが、「Try Now」をタップするとインストールせずに60秒だけゲームなどを試せるモバイルアプリ広告「Trial Run Ads」を発表した。ユーザーはアプリを“ストリーミング”で試してからインストールするかどうかを決められる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月3日(現地時間)、モバイルアプリ広告の新書式「Trial Run Ads」を発表した。現在限定β版をテスト中という。

 アプリ広告に表示される「Try Now」をタップすると、アプリをインストールせずにその場で60秒間だけアプリを試せる。カジュアルゲームであれば、60秒あれば十分遊べるだろう。ユーザーは60秒遊んでみて、気に入れば画面右上の「Install」ボタンをタップすることであらためてアプリをインストールできる。

 ad 1 アプリをインストールせずに60秒試せる

 Googleは11月に、モバイル版Google検索結果でインストールしていないアプリを“ストリーミング”で利用できるサービス「Stream」を発表しており、Trial Run Adsでもこの技術を応用しているようだ。

 同社はまた、広告主がHTML5を使ってインタラクティブな広告を作成できる広告フォーマット「Interactive Interstitial」のβ版も発表した。例えば横スワイプで特別セール情報を表示したり、カルーセル状の商品カタログを掲載できる。

 ad 2 Interactive Interstitialのサンプル

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -