ニュース
2015年12月04日 15時00分 UPDATE

オリジナルの歴史SLGを制作「三国志ツクール」 コーエーテクモが発売

歴史シミュレーションゲームを自由に作れる「三国志ツクール」をコーエーテクモゲームスが発売する。

[ITmedia]

 コーエーテクモゲームスは、オリジナルの歴史シミュレーションゲームを作れるWindows用ソフト「三国志ツクール」を12月10日に発売する。Steamで配信し、価格は900円(税別)。

photo

 1989年に発売した「三國志II」のシステムをベースに、武将の名前や顔、国、戦利品、勢力、戦場などを自由に編集し、オリジナルゲームを制作できる。対応OSはWindows Vista/7/8/8.1/10。

 数千の武将のグラフィックをプリセットするほか、自分で用意した画像を取り込む機能も用意する。タイトルロゴやシナリオ、BGMも変更が可能だ。

photo 特設サイト内の動画より
photo 数千点の素材をプリセット
photo 戦場を編集

 作成したシナリオは、他のプレイヤーと交換して遊べる。発売と同時に無料で配信する「フリープレイ版」でもプレイできるという。作品をシェアするために、Twitter機能も搭載する。

 「三國志」シリーズ30周年を記念した作品の1つで、KADOKAWAのRPG作成ソフト「ツクール」シリーズとコラボレーションした。シリーズ最新作「三國志13」は来年1月28日に発売する予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -