ニュース
2015年12月10日 16時13分 UPDATE

LINEでライブ配信「LINE LIVE」 テレビ、ラジオ番組とも連携 一般ユーザー向け開放も

LINEのライブ配信サービス「LINE LIVE」がスタート。芸能人やスポーツ選手からスタートし、一般ユーザーにも来年開放する。

[山崎春奈,ITmedia]

 LINEは12月10日、ライブ配信サービス「LINE LIVE」(iOS/Android/PCブラウザ)を公開した。芸能人やアーティストによる生配信、テレビやラジオ番組との連携番組などを配信する。国内5800万人のユーザー基盤を生かし、月間視聴者1000万人を当面の目標に掲げる。

photo LINE LIVE
photo チャンネルは、アーティスト、アイドル、タレント、などカテゴリ別に

 AKB48など人気アイドルグループをはじめ、声優やモデル、お笑い芸人、アスリートなど100組以上の有名人やアーティストと連携し、公式アカウントから番組を配信する。参加者の1人、ラグビー日本代表の五郎丸歩選手は練習の裏側やチームメイトの素顔などを紹介していくという。「ライブ配信をきっかけに大好きなラグビーを始める人が1人でも増えれば」とコメントを寄せた。

 「東京ガールズコレクション」などのイベント、「原宿駅前ステージ」など日々ライブを開催している劇場、各アーティストの音楽ライブの配信に加え、「輝く! 日本レコード大賞」「オールナイトニッポン」などテレビやラジオと連動したコンテンツや、LINEオリジナル番組もラインアップする。

 現在、配信可能なのは公式アカウントを持つユーザーのみだが、数カ月以内に一般ユーザーにも配信用アプリを開放する予定。ビジネスモデルとしては広告を主とするが、今後視聴者から配信者へのギフティング(投げ銭)や、ライブショッピングなどの機能も検討していく。舛田淳取締役は「月間視聴者数1000万人を早々に達成したい」と意気込む。

photo 配信時の画面イメージ

 2014年2月から試験的な取り組みとして行ってきた「LINE LIVE CAST」を正式にサービス化した形。類似の動画サービスも存在するが、LINEの強みは国内5800万人のユーザー基盤と高いアクティブ率、そしてリアルタイムのプッシュ通知機能だ。公式アカウントをはじめ「友だち」による呼びかけの形で配信開始が通知されるため、ユーザーのアクション率も高いという。

 事業を束ねる佐々木大輔執行役員は「1年半に渡りさまざまな配信を行う中で、プッシュ通知からつながる視聴ユニークユーザー数の多さ、普段のトーク感覚でコメントできるからこその参加率の高さなど、ライブ配信の可能性を感じる機会が何度もあった。LINEプラットフォームだからこそできることを追求していきたい」と話す。

 「エンターテインメント・プラットフォーム領域の一角となるサービス。公式アカウント、LINE BLOG、LINE MUSICなどと連携し、ファンとのコミュニケーションと収益の両方につながるエコシステムを作っていく」(舛田取締役)

photo 第1段配信を行うAKB48。柏木由紀さん、渡辺麻友さん、横山由依さん、加藤玲奈さん(左から)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -