ニュース
2015年12月13日 06時27分 UPDATE

イーロン・マスク氏ら、人類に益する人工知能を目指す「OpenAI」立ち上げ アラン・ケイ氏も参加

ピーター・ティール氏やイーロン・マスク氏などのPayPalマフィアの面々やY Combinatorのサム・アルトマン社長らが、人工知能(AI)を人類への脅威ではなく、人類に益する存在に発展させることを目的とした非営利の研究機関「OpenAI」を設立した。起業家らやAWS、Infosysなどが総額10億ドルを投じる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Teslaのイーロン・マスクCEOや米Y Combinatorのサム・アルトマン社長らは12月11日(現地時間)、非営利のAI(人工知能)研究企業OpenAIの設立を発表した。同社の目標は、営利目標にしばられずに全人類の利益になるデジタル知能の開発を推進していくことという。

 openai 1

 両氏が同社の共同会長を務める。両氏の他、米PayPal共同創業者でVC、起業家のピーター・ティール氏、米オンライン決済Stripeの元CTO(最高技術責任者)のグレッグ・ブロックマン氏、米LinkedInのリード・ホフマンCEO、Y Combinatorの共同創業者で作家のジェシカ・リビングストン氏、米Amazon Web Services(AWS)、米Infosys、YC ResearchがOpenAIを支援し、総額10億ドルを出資する。

 マスク氏は以前から「われわれはAIを慎重に扱う必要がある。AIは核兵器より危険になる可能性がある」とツイートし、非営利のAI研究組織Future of Life Institute(FLI)に多額を寄付している。

 OpenAIの所長には、米Googleの“Brain Team”のリサーチサイエンティストだったイリヤ・サツキヴァ氏が就任する。同氏はGoogleが2013年に買収したカナダのニューラルネットワーク関連企業DNNresearchの共同創業者だ。CTOはブロックマン氏が務める。アドバイザーとして、“パーソナルコンピュータの父”とも呼ばれるアラン・ケイ氏も参加する。

 openai 2 OpenAIの立ち上げメンバー(左から2番目がイリヤ・サツキバ氏、その右隣はグレッグ・ブロックマン氏)

 発表文には「AIの驚異的な歴史をみると、人間レベルのAIの誕生がいつになるかを予測するのは難しい。いずれにしても実現段階で、私利私欲ではなく全人類の利益を優先させる指導的な研究機関の存在が重要になるだろう。OpenAIはそうした機関を目指す」とある。

 米Google米Microsoft米Facebook米Appleなどはそれぞれ人工知能の研究に取り組んでいるが、いずれもOpenAIの立ち上げには参加していないようだ。OpenAIは「多数の研究機関や企業と協力していきたい」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -