ニュース
2015年12月17日 09時01分 UPDATE

Facebook、メッセンジャーアプリからのUber直接呼び出しを可能に

Facebookがメッセンジャーアプリでの会話の最中に、アプリを離れずにUberに配車申請できるようにした。まずは米国だけだが、提供範囲と提携サービスを拡大していく計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookと米Uberは12月16日(現地時間)、Facebookメッセンジャーアプリから直接配車申請できるようにしたと発表した。まずは米国で、一部のユーザーがモバイルアプリの最新版で利用できるようになった。

 uber 1

 デモ動画(記事末に転載)では、友達とのグループメッセージング中に1人が投稿した目的地の住所をタップすると画面下からせり上がってくるメニューに「Request a Ride」項目が表示されるので、これをタップすると配車申請できる様子が説明されている。

 uber 2 住所をタップすると配車申請できる

 Uberと直接メッセンジャーでやりとりする場合は、画面下部のメニューに自動車アイコンが表示されるのでこれをタップすればいい。誰かが配車申請すると、メッセンジャー上に「○○さんが配車申請しました」と表示され、他のメッセージング参加者はこれをタップすることでも配車申請できる。

 uber 3 メッセンジャーアプリに追加された配車アイコン

 Uberのアカウントを持っていない場合は、配車申請の段階でメッセンジャーを離れずにサインアップできる。最初の配車は20ドルまでは無料だ。

 Facebookは、Uber以外のサービスも利用できるようにする計画という。また、サービス提供範囲も米国外に拡大していくとしている。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -