ニュース
2015年12月21日 15時08分 UPDATE

世界初・ハイレゾ対応のライブストリーミング「PrimeSeat」 IIJが開始

コンサートの生演奏などを、ハイレゾ音源でリアルタイムに配信するサービス「PrimeSeat」をIIJが提供開始した。

[ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は12月21日、コンサートの生演奏やH2Aロケットの打ち上げなどを、ハイレゾ音源でリアルタイムに視聴できる「PrimeSeat」の提供を23日に始めると発表した。自宅にいながら、臨場感あふれる高品質の音を楽しめる。利用は無料。

photo PrimeSeat

 専用ソフトウェアをPC(Windows/Mac)「PrimeSeat」をインストールし、配信ページで再生ボタンを押すと、ハイレゾ音源でオーケストラの生演奏などを楽しめる。USB DACを接続すると、さらに高音質なDSDフォーマットも利用できる。

 ライブ・ストリーミング番組(生放送)や、クラシック専門のインターネットラジオ局「OTTAVA」と共同制作する小編成のサロン・コンサートも1月に配信予定。今後は有料コンテンツも追加するという。

photo 視聴方法
photo 配信ラインアップの抜粋

 同社はこれまでもストリーミング技術に取り組んできたが、データ容量の大きいハイレゾ音源の配信は通信帯域の制約や音質面で課題があった。音楽機器を手掛けるコルグと配信プラットフォームを共同開発し、4月に「東京・春・音楽祭」「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」の演奏会をハイレゾ音源でライブ配信する公開実験に成功。今回、サービスとして世界初の商用化を実現した。

 本サービスの開始を機に音楽配信事業に本格参入し、個人リスナーやコンテンツ事業者に向けたビジネスを展開していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -