ニュース
2015年12月22日 18時29分 UPDATE

10メートル離れた複数機器にワイヤレス給電 KDDIなど、CESでデモ展示

KDDIと米ベンチャーOssiaはCESで、最大約10メートル先の機器に充電できるワイヤレス給電技術「Cota」のデモ展示を行う。

[ITmedia]

 KDDIと、KDDIが出資している米スタートアップ企業のOssiaは、広範囲にある複数の機器を同時に給電できるワイヤレス給電技術「Cota」の技術を活用した給電システムのデモンストレーションを、「2016 International CES」(1月6〜9日、米ラスベガス)で行う。

画像 ワイヤレス給電のイメージ

 CotaはOssiaの独自技術。2.4GHz帯の周波数を使用したチャージャー(送電)とレシーバー(受電)で構成され、送信圏内にある複数の機器に同時に給電できる。最大約10メートル離れても最大1ワットまで給電でき、障害物があったり受電側が移動していても給電できるという。家庭内や学校、企業、医療機関などでの利用を想定している。

 デバイスメーカーや開発者向けに、チャージャーやレシーバー、給電を操作するためのクラウドやモバイルアプリケーションの開発環境など総合的なプラットフォームを提供する計画。レシーバーは非常にローコストで実装できるという。

 CESではOssiaのブースでデモを実施。スマートフォンのバッテリーケースやIoTデバイス内のバッテリーなどが、「au ID」や専用アプリで認証された上で、ワイヤレスに給電される様子をのデモを行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -