ニュース
2015年12月24日 12時21分 UPDATE

クリスマスイブに地球に近づく小惑星 NASAがその姿を公開

「クリスマスイブ・アステロイド」の姿をNASAが公開している。もちろん、サンタが地球に衝突するようなことはない。

[ITmedia]

 12月24日に地球に近づく小惑星のレーダー画像を米航空宇宙局(NASA)が公開した。

photo 左が12月17日、右が22日の画像。地球から約1200万キロ Credits: NASA/JPL-Caltech/GSSR
photo 巨大なアンテナで知られるアレシボ天文台がとらえた画像

 小惑星は「2003 SD220」。レーダー画像はNASA深宇宙ネットワーク(DSN)ゴールドストーン局の70メートルアンテナで12月17日と22日にとらえた。細長い形をしているとみられ、長さは1.1キロほどだという。アレシボ天文台(プエルトリコ)が約300メートルのアンテナでとらえた画像も公開されている。

 NASAによると、小惑星はクリスマスイブに地球から1100万キロの距離まで近づくが、これは地球と月の距離の28倍に当たり、地球には影響がないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -