ニュース
2016年01月04日 17時29分 UPDATE

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」他がUHD/HDR対応Blu-rayに

Warner Bros.が、年内に35本以上の映画をUltra HD Blu-rayで発売する計画を発表した。まずは「マッドマックス 怒りのデス・ロード」他4本を発売し、各種オンラインストリーミングサービスでのUHD配信にも対応していく計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Warner Bros. Home Entertainmentは2015年12月29日(現地時間)、同社が扱う映画作品を2016年からUltra HD/HDR対応Blu-rayで発売していくと発表した。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「カリフォルニア・ダウン」「LEGO(R) ムービー」「PAN ネバーランド、夢のはじまり」を皮切りに、年内に35本の映画をUHD/HDR Blu-ray化する計画という。

 uhd 1 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」公式サイト

 また、複数のストリーミングサービスでのコンテンツのUHD化も進めていくとしている。NetflixやAmazon.comなどがUHDコンテンツを配信している。

 Ultra HD Blu-rayは、最大3840×2160ピクセルの4K解像度に加え、色調も豊かになり、ダイナミックレンジやフレームレートを拡張したコンテンツの再生も可能な、2015年夏からライセンスが開始された規格。再生できるプレーヤーとしては、昨年11月に発売されたパナソニックの「DMR-UBZ1」(店頭価格は30万円前後)がある。

 uhd 2 DMR-UBZ1

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -