ニュース
2016年01月06日 18時19分 UPDATE

着るだけで消費カロリーや姿勢が分かるIoT肌着 衣料型ウェアラブル、グンゼとNECが開発

グンゼとNECが、肌着として日常的に着用でき、姿勢や消費カロリーなどを計測する衣料型ウェアラブルシステムを共同開発した。

[ITmedia]

 グンゼは1月6日、NECのIoT(Internet of Things)関連技術を活用し、日常的に着るだけで姿勢や消費カロリー、心拍などを計測できる衣料型ウェアラブルシステムを開発したと発表した。

photo 衣料型ウェアラブルシステム

 グンゼの編み技術で導電性繊維をインナーに加工し、姿勢センサーや配線として活用する。センサーや配線部分もニットで伸縮するため、体にフィットして動きやすく、通気性にも優れ、洗濯も可能な肌着だ。

 収集したデータは、ユーザーのスマートフォンに自動送信される。専用アプリを通じて、姿勢や体のゆがみの可視化、姿勢改善や肩こり予防に役立つアドバイス、ユーザー間の比較や傾向分析などを閲覧できる。データはスマホ経由でNECのクラウドにも蓄積され、サービス事業者による活用も可能だという。

photo データはNECのクラウドに蓄積

 衣料型ウェアラブルシステムとして「第2回ウェアラブルEXPO」(1月13日〜15日、東京ビッグサイト)に出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -