ニュース
2016年01月15日 13時19分 UPDATE

日本の自動運転社会がスタート──Tesla、国内向けに初のソフト提供開始

Teslaが自動運転ソフトの日本向け提供をスタート。国交省の承認を初めて受け、公道で自動運転を利用することができるようになる。

[ITmedia]

 米Tesla Motorsは1月15日、自動運転ソフトウェアの日本国内向け提供を始めたと発表した。国土交通省の承認を初めて受け、公道で自動運転を利用することができるようになる。同社は「日本の自動運転社会が現実として幕を開けた」としている。

 現行の電気自動車4ドアセダン「テスラ モデルS」向けに、自動運転を段階的に実現するソフトの提供を始めた。

photo モデルS

 利用できるのは、(1)高速道路・自動車専用道路で自動運転が可能な「オートパイロット」、(2)「オートパイロット」中にウィンカーを出すと自動的に車線を変更してくれる「オートレーンチェンジ」、(3)縦列と直角の駐車が可能な「オートパーク」──の3つ。

 「オートパイロット」中もハンドルには手を置くことが前提だが、「ステアリングマーク」が表示されるとハンドルから手を離しても走行できるという。「オートレーンチェンジ」では、米国ではハンドルに触れずに車線変更できるが、日本ではハンドルを握る必要があるという。

photo Teslaの自動運転機能=同社サイトより

 同社は自動運転機能について、「安全性をさらに向上し、ドライバーがより自信を持って運転できるよう、また、高速道路などの長距離運転をより快適にするためのもの」だとしており、「自動運転が有効になっていてもドライバーはクルマを完全に制御することができ、その責任はドライバーが負う」「交通規則を守るのはドライバー自身」だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -