ニュース
2016年01月19日 19時21分 UPDATE

米Intelとサトー、小売業向けIoTソリューションを開発

サトーホールディングスの子会社が、米Intelと協業で、小売業向けのIoTソリューションの提供を始める。

[ITmedia]

 バーコード関連の機器を手掛けるサトーホールディングスは1月19日、子会社の米SATO Global Solutions(SGS)が米Intelと連携し、小売業向けのIoT(Internet of Things)ソリューションを開発したと発表した。2016年内に欧米市場から提供を開始する。

 個々の商品情報にRFIDタグを搭載し、インテルのプラットフォーム上で情報を管理。ビッグデータ分析などと統合し、リアルタイムに在庫や来店客の行動に関するデータの収集、蓄積、分析を行う。

 顧客データとひも付けてサービスを提案するほか、クラウドやビッグデータ分析とも組み合わせ、在庫過多の商品を特別価格で提供する――といった活用シーンを見込む。在庫管理や生産性の向上、コスト削減、売上拡大につなげ、小売業の投資利益率(ROI)を高めるという。

 将来的には、ソーシャルメディア上のトレンドに基づき、店舗内のデジタルサイネージで販促につなげるなどの連携施策を展開予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -