ニュース
2016年01月28日 13時39分 UPDATE

楽天、日本のネットベンチャーを対象とした100億円のファンド組成

楽天傘下の投資ファンドが、日本のネットベンチャーへの投資を目的とした、運用資産額100億円のファンド運用をスタートした。

[ITmedia]

 楽天グループのベンチャーキャピタル Rakuten Venturesは1月27日、日本のネットベンチャーへの投資を目的とした、運用資産額100億円のファンド「Rakuten Ventures Japan Fund」の運用を始めたと発表した。

 ネット関連事業を展開するアーリーステージ、グロースステージの日本のスタートアップ企業を中心に投資。対象となる企業には、旺盛な起業家精神と先見性のある技術やビジネスモデルを求め、楽天グループ内の既存の技術やプラットフォームの活用などによるサポートも提供する。

 Rakuten Venturesはアーリーステージ投資に特化したコーポレートベンチャーキャピタルファンドとして2013年からシンガポールを拠点に、東南アジアで1000万ドル規模のファンドを運用。14年には、イスラエル、アジア太平洋地域、米国の企業を対象に1億ドル規模のグローバルファンドを組成しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -