ニュース
2016年01月29日 14時09分 UPDATE

厚生省、ロボットスーツ「HAL」に保険適用 歩行のリハビリに活用

歩行機能のリハビリ訓練に使われるロボットスーツ「HAL 医療用 下肢タイプ」が、保険適用の対象に決まった。

[ITmedia]

 厚生労働省の中央社会保険医療協議会は1月27日、歩行リハビリ訓練用ロボットスーツ「HAL 医療用 下肢タイプ」の保険適用を決定した。患者の歩行機能を改善するロボット治療機器として、初の保険適用対象となる。

photo HAL 医療用 下肢タイプ

 筑波大学発のベンチャー企業、サイバーダインが開発する装着型ロボットスーツ。脳から筋肉へ神経を通して送られる信号を読み取り、モーターを動かして歩行を助ける。歩行機能を改善するリハビリに活用される見込みだ。

 脊髄性筋萎縮症や筋萎縮性側索硬化症などの患者を対象に、推定適用患者数は3400人としている。

photo サイバーダインの公式サイトより

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -