ニュース
2016年02月01日 10時05分 UPDATE

Google、高速ネット網構築向けTitanドローンのテスト飛行を実施中?

Googleが、インターネット接続環境提供プロジェクト「Project Loon」の下、気球ではなくドローンのテスト飛行をニューメキシコで実施中であるとGuardianが報じた。

[ITmedia]

 米Googleが、高速インターネットサービス提供のためのドローンのテスト飛行を実施中であると、英Guardianが1月29日(現地時間)、入手した関連文書に基いて報じた

 Googleは米ニューメキシコ州にある民間宇宙船専用空港Spaceport Americaで、第5世代移動通信方式(5G)の送受信機を搭載した太陽電池式ドローンのテスト飛行を実施しているという。

 titan 1 Spaceport Americaの空港

 同社は昨年夏に「SkyBender」(コード名)プロジェクトの下でこの送受信機を開発したという。ドローンは、Googleが2014年に買収したTitan Aerospaceが製造した。SkyBenderは、新興国でのインターネット接続環境提供を目的とする気球式インターネット網プロジェクト「Project Loon」の一部という。

 titan 2 Titan Aerospaceのドローン

 ネット接続環境提供のためのドローンは、米Facebookも開発中だ。同社のマーク・ザッカーバーグCEOは7日、昨年7月に披露したインターネット接続用ドローン「Aquila」のテスト飛行を間もなく実施すると語った

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors - 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -