ニュース
2016年02月17日 10時34分 UPDATE

「ユーラシア・ブックレット」の東洋書店が破産

ロシア関連の専門書を中心とした書籍「ユーラシア・ブックレット」シリーズを発行していた東洋書店が破産開始決定を受けた。

[ITmedia]

 東京商工リサーチによると、ロシア関連の専門書を中心とした「ユーラシア・ブックレット」シリーズで知られる東洋書店が2月3日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約1億円。債権者は約500人で、うち印税が未払いの作家が約430人という。

 ユーラシアから東南アジアまでの地域に関連する書籍を発行しており、2007年7月期は売上高約1億7000万円を計上していたが、その後は需要の減少などで減収が続き、13年7月期には売上高が1億円を割り込み採算が悪化。昨年6月に事業を停止していた。

 ユーラシア・ブックレット(ユーラシア研究所)は昨年刊行の200号で終了し、新たに「ユーラシア文庫」として群像社が発行を引き継いでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -