ニュース
2016年02月22日 21時05分 UPDATE

ソニー、「Xperia X」シリーズ3機種を発表 今夏発売

ソニーモバイルコミュニケーションズが、Androidスマートフォン「Xperia XA」「Xperia X」「Xperia X Performance」を発表。今年夏に各国で発売する。

[ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2月22日(現地時間)、「Mobile World Congress(MWC)2016」(スペイン・バルセロナ)で、Androidスマートフォン「Xperia XA」「Xperia X」「Xperia X Performance」を今夏発売すると発表した。日本では、最上位機種の「Xperia X Performance」のみを販売するという。

photo 左から「Xperia X」「Xperia XA」「Xperia X Performance」

 スタンダードモデルの「Xperia X」と最上位モデル「Xperia X Performance」は2300万画素、ISO12800のカメラを採用し、同社のデジタル一眼カメラαシリーズのエンジニアと共同開発した「Predictive Hybrid Autofocus」(先読みオートフォーカス)機能を搭載する。

photo Xperia X
photo Xperia X Performance

 ソニーの技術を結集し、最大2日間の長時間駆動を実現。米Qnovoのバッテリー制御技術も導入し、状態に合わせて充電を最適化することでバッテリーの寿命を約2倍長持ちできるという。

 両モデルともに5インチのフルHDディスプレイ(1080×1920ピクセル)を搭載し、プロセッサは、「Xperia X」がSnapdragon 650 ヘキサコア、「Xperia X Performance」がSnapdragon 820 クアッドコア(いずれもQualcomm製)を採用している。

 「Xperia X」のサイズは69.4(幅)×142.7(高さ)×7.9(奥行き)ミリ、重さは約153グラム。「Xperia X Performance」は70.4(幅)×143.7(高さ)×8.7(奥行き)ミリ、重さは約164グラム。カラーはホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色を用意する。

 ミッドレンジモデルの「Xperia XA」は、5インチのフルHD(720×1280ピクセル)ディスプレイ、MediaTek製のHelio P10 オクタコアプロセッサを搭載する。サイズは66.8(幅)×143.6(高さ)×7.9(奥行き)ミリ、重さは約137グラム。カラーバリエーションは同様の4色。

photo Xperia XA

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -