ニュース
2016年02月23日 07時35分 UPDATE

IBM、Appleのプログラミング言語「Swift」をクラウド対応に

IBMとAppleの企業向けモバイルでの提携の一環として、IBMがクラウドサービス「Bluemix」上でAppleのプログラミング言語「Swift」を使えるようにした。これにより、モバイルアプリとそのバックエンドをエンドツーエンドで開発できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米IBMは2月22日(現地時間)、米Appleのオープンソースのプログラミング言語「Swift」を同社のクラウドサービス「Bluemix」で使えるようにしたと発表した。

 swift 1

 開発者が企業向けアプリを開発するためのSwiftランタイムと、パッケージ共有のための「Swift Package Catalog」のプレビュー版も公開した。

 swift 2 Swift Package Catalog
 swift 3 Kitura

 IBMはまた、Swiftで開発したWebフレームワーク「Kitura」もリリースした。このフレームワークにより、アプリ開発者はBluemix上でモバイルアプリとそのバックエンドサービスをエンドツーエンドで開発できるようになる。KituraはApache 2.0ライセンスの下、GitHubでオープンソースで公開された。

IBMとAppleは2014年7月に企業向けモバイルでの大規模提携を発表し、企業向けiOSソリューション「IBM MobileFirst for iOS」を提供している。

 Bluemix上のSwiftに関する詳細はこちらのサイトにまとまっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -