ニュース
2016年02月26日 15時26分 UPDATE

フジテレビ、「Ingress」の米Nianticに出資 「テレビの新たな可能性を切り開く」

位置情報ゲーム「Ingress」を運営する米Nianticにフジテレビが出資した。

[ITmedia]

 フジテレビジョンは2月26日、位置情報ゲーム「Ingress」を運営する米Nianticに出資すると発表した。拡張現実(AR)技術を活用した番組やゲーム制作などで協業する。

photo 位置情報ゲーム「Ingress」

 世界市場を視野に入れた番組やゲーム制作を本格化する中で、Nianticの持つAR技術を活用する狙い。フジテレビの大多亮常務取締役は「位置情報ゲームのテクノロジーと、われわれが得意とする物語を生み出す力を掛け合わせ、テレビの新たな可能性を切り開く」とコメントしている。

photo 大多亮常務取締役と、Nianticのジョン・ハンケCEO(左から)

 Nianticは2011年にGoogleの社内スタートアップとしてスタート。実際の場所を訪れて陣地を広げるゲーム「Ingress」は世界1400万ダウンロードを記録している。

 昨年には、Google、ポケモングループ、任天堂から2000万ドルの出資を受けたほか、任天堂と共同でスマートフォン向けアプリ「Pokemon GO」の開発にも取り組んでいる。

photo (C)2015 Pokemon.(C)1995-2015 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.(C)2015 Niantic,Inc.

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -